洞爺湖  ザ・ウィンザーホテル洞爺 リゾート&スパ洞爺湖 宿泊記①お部屋編 春の北海道旅行

北海道

 2023年5月 北海道を旅行しました。その際に洞爺湖で宿泊した、「ザ・ウィンザーホテル洞爺 リゾート&スパ」をご紹介いたします。

アクセス:ザ・ウィンザーホテル洞爺 リゾート&スパ

【ザ・ウィンザーホテル洞爺 リゾート&スパ】の空室状況を確認する - 宿泊予約は[一休.com]
ザ・ウィンザーホテル洞爺 リゾート&スパ 【国内外のVIPに愛されたホテル】優雅で落ち着いた空間。山頂から洞爺湖の絶景が一望できる、唯一無二のロケーション。季節や時間・条件が合えば、感動的な雲海を。

※JR洞爺駅~ホテル間無料シャトルバス運行(完全予約制)

今回は、レンタカーで訪れました。標高が少し高いこともあり、雪や路面凍結などの影響を受けない季節に訪問したいと思い、5月中旬にしました。

例年、この時期ですと影響はないようですが、たまたま前日に雪がちらついたそうです(汗)

また、春夏は北海道の海側は霧に包まれることも多く、実際、翌日天気が崩れた際に、この辺りは真っ白な深い霧に包まれました。

運転が苦手な私は、ちょっと怖かったです。

洞爺湖湖畔まで下ると霧はなくなっていました。

ホテルの手前と地下に無料の駐車場がありましたが、ホテルのエントランスに車をつけると、1000円程度でバレーサービスをしてくれるとのことでした。

歩くと少し駐車場は離れているので、翌日は天気が悪そうなこともあり、バレーサービスを頼みました。

標高625mに佇む洞爺湖と内浦湾を見下ろす絶景ホテル

標高625mに佇む洞爺湖と内浦湾を見下ろす山の上にあるホテル

こちらのホテルは、なんと言ってもこの眺望。洞爺湖を望むことができます。

そして、反対側は内浦湾(噴火湾)が望めます。この日は、雲海がかかっていました。

ウェルカムドリンクをいただきました。

エスカレーターでお部屋へ向かいます。先にお荷物はお部屋に運んでくれていました。

廊下の様子。客室は300室と、大きなホテルでしたので、縁の方の部屋ですと少し歩きます。

お部屋の様子

スーペリア・ツイン【40平米/洞爺湖ビュー】禁煙 (40平米)のお部屋にしました。

スーペリア・ツイン【40平米】禁煙

スーペリア・ツイン【40平米/洞爺湖ビュー】禁煙

Jr.スイート・ツイン【58平米/オーシャンビュー】禁煙

Jr.スイート・ツイン【58平米/洞爺湖ビュー】禁煙

などがあり、洞爺湖ビューとオーシャンビュー(噴火湾)側に分かれるようです。

オーシャンビューもこの日は、雲海で綺麗だったかと思いますが、やはりここまで来たら洞爺湖ビューがいいかなと(笑)敷地内からどちらのビューも楽しめますけどね。

到着日は、とても良い天気でして、バッチリ洞爺湖が望めました。

左手には、ニセコの羊蹄山も見えます。

羊蹄山の隣は尻別岳でしょうか。

この景色が見たかったんですよね。

お部屋自体は、開業から20年ほど経っていると思うのですが、清潔感はあり満足です。

浴衣よりもパジャマの方が個人的には好みですね。

ホテルのロゴ入りのカップもあり、ポット、コーヒーマシーンも完備。

冷蔵庫の中は有料

ルームサービスもあり。

ふかふかのスリッパは、お持ち帰りください的な感じでした。

バスルーム。

アメニティ。

実は、こちらのホテルには温泉(大浴場)もあったのでお部屋のお風呂は利用しませんでした。

ブルガリのシャンプーなどもありました。

ホテル内の大浴場へは、こちらのバスローブで行ってもいいみたいです。

海外のスパみたいなイメージでしょうか。ちょっといきづらいけど。。。バスローブで来ていらっしゃる方もいました。

巾着も入っていました。

ホテルの全体図としては、このように海側と洞爺湖側に分かれています。

洞爺湖は、春夏の間なんと毎晩花火が打ち上がるというのもすごいところ。

お部屋からも見えました。

2023年4月28(金)~10/31(火) 毎夜 20:45~ 約20分間

規模としては大きくないのですが、湖畔のホテルですと間近で見れますね。

翌朝目覚めると、、、なんと天気が悪く深い霧に包まれてしまいました。

このような中、車で山を下っていくのはちょっと怖かったです。

まとめ:洞爺湖ビューも内浦湾ビューもどちらも良さそう

  • 泊まる前は、オーシャンビューってどういうことかなと思っていましたが、山の上からは内浦湾まで望めるということでした
  • 天気によっては、霧が深くなって何も見えないこともあるかもしれませんね


タイトルとURLをコピーしました